羊ルール

ジョージ・オーウェルの小説『動物農場』において、繰り返される台詞がある。

”四本足はいい。二本足はわるい。”

人間(二本足)からの支配から逃れて自分たちだけの農場を作った動物たち(四本足)にとって、当初そのスローガンはわかりやすくて心を掴むものだっただろう。

けれども、その後、何が起こっても、この単純なスローガンを愚かな羊が大声で度々執拗に唱えることで、動物たちの話合いの場が台無しなる。
なお、このスローガンを超えて羊たちが何かを考えるなどということは一切ない。

最近、枠(放送)でもこういった現象がよくみられる。
例えば、昨日、
「候補者XはC国と~!」 (昨日の放送参照)という話を執拗に繰り返している者がいた。

昨日の枠では上記台詞を同じ人物から四回もきかされた。

他には、数日前に、他人の話(リスナー側からもいろいろな意見が出ていた)を一切きくことなく執拗に繰り返し『外国人技能実習生制度ハッピー論』を唱えている者がいた。

両者に対してわたしは気を遣って優しくコメ返ししてあげていたわけなのですが…子守りしている気分で疲れました。
悪目立ちする我の強い政治主張(それも同一内容)を壊れたラジオのようにひたすら繰り返す方に対しては、ほとほと嫌気が指しました。

内容の是非というより、他人の意見を聞かずにひたすら単純化した自分の意見を新情報を付加するでもなくリピートし続けるところが問題だと思っています。

”四本足はいい。二本足はわるい。”
というような発言の繰り返しには本当にうんざりしています。

🐑🐑🐑🐑🐑

 

▼羊ルール
・異なる意見の方の話に耳を傾けましょう
・執拗に同じ内容(思慮深くない発言、非理性的&根拠薄弱な意見)を繰り返す方については退場していただきます

■なお、コテ勢は、基本的には責任(や思いやり)をもって発言されていると思うので、気にしないでください。(もし仮に何か問題があっても、即断サヨナラということにはなりません、優しく対処します。)
184サンについても勿論、マトモな方がほとんどだということはわかっています。マトモな184さんは気にしないでください。

 

お腹空いた~~~🍇🍎