ナイトウノ神との対話16

ダイヤモンド

😎:「新しいスケジュールにも少し慣れてきた‥ような気がする」

😎:「明日は休み。でも明後日と明々後日は…。そして今のこの感じ‥どうなんだろう?どうなんだろう???」

👺:「ダメな気がするんだな?」

😎:「うん…。そろそろ巻いていかなきゃ…。このマイペースでは‥いろいろ心配だし、それに」

👺:「それに?」

😎:「変な感じといえば変な感じなんだよね」

👺:「‥ん?」

😎:「絶望的な気持ちを味わっている人間がいるとするだろ?」

👺:「‥はぁ?」

😎:「そいつがある日偶然、スペシャルなダイアモンドを発見するとする、それでそいつは幸せになるのかな? デフォは「絶望的」なんだぜ?」

👺:「・・・。それはそうと、そのダイアモンドは売れるのか?」

😎:「売れない」

👺:「ふーん」

😎:「ふーんってなんだよ」

😎:「たしかなものではあるから、鑑定はしてもらえると思う」

👺:「ふーーーーーん」

😎:「…?!」

👺:「!!!」

😎:「!💡!」

😎:「━━━(゚∀゚)━そうか!ダ‥ダイヤだから、磨かなきゃってことだな??!」

👺:「!🤡!」

😎:「??! (相変わらず、ルークが何を言いたいのかさっぱりわからないぜ)」

 

コメントを残す