すべてのびちにささぐ

”Man, the emotions change so I can never trust a b***h”

へーいほんとすぐきがかわるんだなびちはまじでしんよーならね

 

”While you were sipping your own kool-aid getting your buzz heavy”

おまえがくそくだらねえことやつてるあいだ

 

”I was in the f***ing sheds sharpening my machete”

おれはこやのなかでじめじめじめじめなたをといでたぜ

 

”Sipping on some of that revenge juice, getting my taste buds ready”

りべんじじゅーすをのんでがんばるむかつくくるしいでも じぶんのぶきをかくじつなものにしていく

 

”To wolf down this spaghetti, or should I say this spaghett-even?”

すぱげてぃい(このいみわかるかいんねんのりべんじつてやつ)
ふくしゆうしてやるくそむかつすべてをくつがえしてやるんだこれはおれのふくしゆうだ

”I think you f***ing meatballs keep on just fo~rgetting”

おまえにはわからないかもなただのにくのかたまりみたいなものだもんなおまえ

”Thought he was finished, m*therf****r, it’s only the bu-ginning”

おれにあきたみたいだしもうおれはだめだとおもつたんだろざんねんでしたまだはじまつたばかりだこれからかがやかしいみらいがまつているんだおれには

 

”He’ll rip your vocal chords out and have them b****es plu~gged in the

おまえのいつていることけつこうくそだぜ

”Motherfucking wall with 3000 volts of electru~city”
3000Vのでんあつをせいたいにつないじやおうか

”Now take the other end of ‘em, then plug them moth********s in each”
はんたいがわは

”One of your eyesockets cause I thought you might finally fu~cking see”
めにつないじやおうか いままでめがみえてなかつたんだろこんぐらいやらなきやそのもうもくぐあいはかいしようされねえだろうな

”That’ll teach you to go voicing your cocksuckin’ opinion to me”
あはは これぐらいのことをやつてはじめておれにたいしていけんをいうときのこえのだしかたをまなべるぞ

 

”F**k letting up, you’re gonna end up ru-gretting you ever betted a~gainst me”
やめねえおれをなめたことをこうかいさせてやる

”Feels like I’mma snap any minute, yeah, it’s happening again”
ああぶちぎれそまただ

”I’m thinking about just saying”
いっていいのかわらねえけどいつちやうかつうかみんなたぶんこんなふうにおもつているよほんとは

“M****r f**k everybody that’s up in this b***h, but 50!”
じぶんいがいはぜんいんくたばれこのおれいがいのぜんぶいなくなれ

”Cause this is all I know, this is why so hard I go”
おれはやるべきことはやってるぜ(お前はどうなの?)

 

 

※訳は超意訳です!!
クリプトン語(宇宙語)に置き換えた場合の‥

 

 

:::ふぁいせつとおもうところ:::

 

”Man, the emotions change so I can never trust a b***h”

へーいほんとすぐきがかわるんだなびちはまじでしんよーならね

”While you were sipping your own kool-aid getting your buzz heavy”

おまえがくそくだらねえことやつてるあいだ

”I was in the fucking sheds sharpening my machete”

おれはこやのなかでじめじめじめじめなたをといでたぜ

”Sipping on some of that revenge juice, getting my taste buds ready”

りべんじじゅーすをのんでがんばるむかつくくるしいでもかくじつなものにしていく

 


何かを成し遂げるための過程って本当に地味ですよね。
小さな部屋にこもってジメジメコツコツ。
感動的な寄付をしたあの黒人の富豪・篤志家(ロバート・スミス)だって こんな風に言っている。

 

”Before I ever got into private equity I was a chemical engineer
I spend pretty much every walking hour in windowless labs during the work that helped me become an expert in my field it.”

プライベート・エクイティ・ファンドを始める前は、私は化学エンジニアをしていました。
窓のない実験室にこもって 起きている間のほとんどの時間はつねに、仕事をしていました。そうすることで、私はその分野でエキスパートになることができました。

 

笑 窓のない実験室でコツコツ  ‥地味

いくら地味で面白くなくても
少しでも望む未来へ進むためには反骨精神だとかハングリー精神だとかを失わずに地道に着実にやるべきことをやっていくしかない。

わたしはあんまり努力できないダメキャラだけど…

頑張るぞ!

٩( ‘ω’ )و

 

…ところで…私が頑張っている間、君は何をしていたの?

わたしが頑張っているときに・・・

この!

げろびちめ!

( ‘ ^’c彡☆))Д´)

 

 

素敵なワード
小屋sheds 鉈machete びちb***h

 

”To wolf down this spaghetti, or should I say this spaghett-even?”

すぱげてぃい(このいみわかるかいんねんのりべんじつてやつ)
ふくしゆうしてやるくそむかつすべてをくつがえしてやるんだこれはおれのふくしゆうだ

”I think you f****ing meatballs keep on just fo~rgetting”

おまえにはわからないかもなただのにくのかたまりみたいなものだもんなおまえ

”Thought he was finished, motherfucker, it’s only the bu-ginning”

おれにあきたみたいだしもうおれはだめだとおもつたんだろざんねんでしたまだはじまつたばかりだこれからかがやかしいみらいがまつているんだおれには

 

エミネムさんが言うスパゲッティからは、ターニングポイント(機会)を連想することができる。
スパゲッティが出てきたのは、人生におけるとても大事な挑戦をする場面。

だけど、それをわかってくれない人(ミートボール)もいますよね。
そういう人たちって(少なくともその瞬間は)挑戦している人のことを理解していないし、もっといえば心のどこかでダメだって思っているのかもしれない。

 

わからずやたちに向けて
激オコワードラップしてくれていい感じです。

 

さらに、もう浮き上がれないような苦境に陥っているようにみえるとき?あるいは周囲からネガティブなリアクションを受けている最中、it’s only the bu-ginning(まだ始まったばかり)と終わってない感を歌ってくれているところがまたイイ。w

 

 

素敵なワード
スパゲッティspaghetti ミートボールmeatballs  リベンジするget even

 

 

エミネム氏の歌に出てくる「スパゲッティ」は特別なキーワード。
有名曲「lose your self」では
大事な挑戦をするときに緊張のせいで 着ているセーターにスパゲッティをゲロってしまったという感じの印象的な歌詞が出てきます。

There’s vomit on his sweater already, mom’s spaghetti.

 

ちなみに映画『ウォール街』では

”It’s called pasta now Dad, spaghetti’s out of date.”
今はパスタって呼ぶんだよ、父さん。スパゲッティはダサいって。

こんなセリフが。

パスタではなくスパゲッティ…。

スパゲッティは…時代遅れでダサい…笑

 

 

しかもママが作ったスパゲッティ!!
しかもそれをゲ□る…印象的すぎる。

ちなみにセーターっていうのもまた若干モサっとした印象を与えて素敵。
汚れが‥落ちにくそそうなところもイイ

ださくて冴えなくてなんだか子どもっぽい スパゲッティ

さらに‥ミートボール
「肉」の塊!…中身(脳みそ)がない、ただ肉の塊……

…これも面白い表現デスネ。

 

”He’ll rip your vocal chords out and have them bitches plu~gged in the

おまえのいつていることけつこうくそだぜ

”Motherf****ing wall with 3000 volts of electru~city”
3000Vのでんあつをせいたいにつないじやおうか

”Now take the other end of ‘em, then plug them motherfuckers in each”
はんたいがわは

”One of your eyesockets cause I thought you might finally fu~cking see”
めにつないじやおうか いままでめがみえてなかつたんだろこんぐらいやらなきやそのもうもくぐあいはかいしようされねえだろうな

”That’ll teach you to go voicing your cocksuckin’ opinion to me”
あはは これぐらいのことをやつてはじめておれにたいしていけんをいうときのこえのだしかたをまなべるぞ

 

事実誤認、言い訳、一般論としては正しいくそみたいな夢のない面白くない話
論理も弱く エモーショナルな点からも魅力なし‥つまらない意見を平然と述べているその口に
スパゲッティをぶちこんでやりたく…いや…なんでもないです。

 

⚡ ⚡ ⚡

高圧の電流を…そこまでやればミートボールたちも覚醒するかも

具体的で刺激的な表現‥さすがエミネムさん♡w

⚡ ⚡ ⚡

 

”F**k letting up, you’re gonna end up ru-gretting you ever betted a~gainst me”
やめねえおれをなめたことをこうかいさせてやる

”Feels like I’mma snap any minute, yeah, it’s happening again”
ああぶちぎれそまただ

”I’m thinking about just saying”
いっていいのかわらねえけどいつちやうか(つうかみんなたぶんこんなふうにおもつているよほんとは)

“Mother fuck everybody that’s up in this bitch, but 50!”
じぶんいがいはぜんいんくたばれこのおれいがいのぜんぶいなくなれ

”Cause this is all I know, this is why so hard I go”
おれはやるべきことはやってるぜ(お前はどうなの?)

 

“M*****er f**k everybody that’s up in this bitch, but 50!”
じぶんいがいはぜんいんくたばれこのおれいがいのらっぱーはぜんぶいなくなれ

 

・・強烈デス

でも・・
わかるこれ

 

余談ですが

くそみたいなやつに並べられることに耐えられない。
くそみたいなやつが優先されることに耐えられない。

とか思っている時にもこんなことを感じたりする‥かも。

 

 

まあ、とにかく・・・

強烈だけど
わかる・・・笑

 

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.

MY MEMO:ないふぁいふぇいばりっと
『ウォール街』 マイケル・ダグラスさんがかっこよすぎる!かなり古い映画
ロバート・スミスさん(モアハウスカレッジ スピーチ)まるで見本!かっこよすぎる寄付。https://youtu.be/-P1CcRphVnM
エミネムさん ラッパー。面白い歌詞と叱咤激励してくれるような声と歌い方が素敵 代表曲は『Lose your self』、ベノム(アメコミ映画2018)の主題歌も歌っていたよ!

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.

コメントを残す